STAMMBAUM / Aloha Shirt

 

 

このところ好評頂いているアロハシャツ。

 

夏に向けて準備を始めた方も多そうです。

 

皆さんアロハシャツ、持ってますか?

 

実はアロハシャツは日本の和服が起源ともいわれている、日本にもなじみ深いアイテムです。

元々は「派手な和柄のシャツ」という意味でアロハシャツが使われていたらしく、

日本人が現地のアロハシャツの柄をいまだに作っていたりするのも頷けますね。

 

 

今回ご紹介する、シュタンバウムのアロハシャツも、こだわり抜かれたアイテムになっています。

 

 

素材は スフ レーヨン。

プリント手法ヴィンテージに見られる「抜染」で行っており、隣り合った色がにじまず、綺麗に柄が表現されます。

ちなみにこちらの「抜染」、国内唯一の工場での手法だそうです。

 

※少し前にガイアの夜明けかなんかで抜染の職人さん特集やってたので、見た方もいらっしゃるかも。着物などもこの手法で染められたりしますよ。

 

 

 

柄は日本に数人しかいない、アロハファブリック画職人さんが書き下ろしたデザイン。

どちらの柄も他には見られない独特の柄になっています。希少。貴重。

 

そしてボタンも現在使われることがほとんどない、「三つ穴」の形状をとっています。

こちらは極稀にビンテージのアロハで見られるディテールです。

 

 

はい、そして極め付けがこのブランドネーム。

こちらもレーヨン糸織りで作製しています。

洗いをかける事でヨレが生じる設計です。こちらを作れる工場もほぼ無いそうです。。。。

 

 

 

とまぁ。

これでもかっ!!

ていうくらいにビンテージの手法やこだわりが盛り込まれたシャツになっています。

 

 

着用してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

レーヨンの柔らかな雰囲気も伝わりますでしょうか。

 

 

男心がくすぐられる一着になっているかと思います。

 

気になったあなた!

ぜひ試着もしてみて下さい。

 

 

 

 

おすすめです。

 

 

石黒

share...Share on FacebookTweet about this on Twitter