使い勝手のよいトートバッグをご紹介します!!

こんにちは。

 

このところの北陸地方の大雪は本当に大変そうですね……..。

なぜかこのタイミングで自分の友人知人が旅行や出張でよくそちら方面へ向かっております……。

 

それまではそれほど気にしていなかったのに、

身近な人間が行くとなると、急に心配になるという、

自分はまったくもって人間的に小さいなと思わずにはいられませんが、

 

なんとかはやく落ち着いて暮らせるようになるといいですね。

 

 

 

まだ寒い日が続いておりますので、

本日はオールシーズン使って頂ける、小物をご紹介します。

 

 

 

AS STANDARD x Mark Gonzales

2 way Tote Bag Series

 

 

先シーズンから定番的に展開している、

アズスタンダードとマークゴンザレスのコラボレーション商品。

今回はトートバッグをご紹介します。

 

 

 

………………………………………………………….

 

<AS STANDARD(アズスタンダード)>

ひねりの効いたニュースタンダードの提案をコンセプトに、

その時々のデザイナー自身が感じる感覚を、マイスタンダードスタイルとして提案している。

 

………………………………………………………….

 

<Mark Gonzales (マークゴンザレス)>

『Mark Gonzales』は世界的に有名なプロスケートボーダーであり、
アーティストや詩人でもあるマーク・ゴンザレスのブランドです。
マークゴンザレス独特のアートデザインはスケートボード関連アイテムだけでなくTシャツ、パーカー、シャツ、雑貨などにも展開しています。
『Mark Gonzales』ブランドでは、既存アートの他にも、マークゴンザレス本人に定期的に新しくアートをデザインしてもらい、それを取り入れた洋服作りを行っています。

………………………………………………………….

 

AS STANDARD x Mark Gonzales / “Gonz Border Stripe” 2 way Tote Bag

color: natural

size: Free

price: ¥6,500 + tax

 

 

 

伝説的なプロスケートボーダーである、

マークゴンザレスのアートワークをプリントした2wayで使ってもらえるトートバッグになります。

 

 

今回は新柄のボーダー柄がプリントされたこちらのバッグは、

 

手提げ、肩掛けはもちろんのこと、

ショルダーバッグとしても使えるこちらの商品はいろいろなタイミングで使える汎用性の高いバッグになっています。

 

 

ほどよい長さのハンドルです。

よっぽど分厚いアウターでない限りは、冬物のアウターを着ていても肩掛け可能です。

 

地味ですが、トップ部にボタンが付いているので、バッグを閉じる事ができるのも嬉しいポイントです。

 

 

内側には小ポケットがひとつ付属します。

スマートフォンと小さ目のお財布なんかが収納ができます。

中にポケットがあるだけで使い勝手は大きく向上しますので、こちらもポイント高めですね。

 

 

 

ラバープリントの質感もいいです。

ストリート感がなくなっちゃうとゴンズっぽくなくなってしまいますもんね。

 

ちなみに生地にはコットンボディが採用されています。

色は生成りカラーとなっていますので、どうしても使っていくうちに汚れてしまう事がありますが、

ご自宅でもお洗濯頂けますので、ガシガシと使える一品に。

ラバープリントなので、グラフィックの色落ちなどの心配もありません。

 

 

 

それでは使用している所を写真に撮ってみましたので、ご覧ください。

 

 

 

一番楽ちんに持ってもらえるショルダーとしての使い方。

お荷物が多い時や、両手を開けておきたいときにおすすめの持ち方となっています。

ショルダーストラップは結んでもらうことで長さの調節もできます。程よい長さに調節して使うのもアリですね。

 

 

 

そして、ショルダーバッグの一番おすすめできるポイントがこれ↑!!

ちょっとコンビニで何か買うとき、駅でSuica を使うときなどなど…..

お財布や小物を取り出すことが簡単にできる前掛けスタイル。

これがねー、一度ショルダーバッグを使い始めるとやめられない中毒性があるんですよーーー。

なんたって両手空いてますからね。

電車に乗るときも前に持って来れば邪魔にならないですからね。親切ですね。

 

 

この一年ほどショルダーバッグ愛用していたので、非常に使いやすいな、と感じている今日この頃であります。

 

 

そしてこちらの肩掛けの持ち方。

一時期は、街の中でこのタイプのトートバッグしか使われていない時期がありましたね。

5-6年前くらいですかねぇ。最近はあまり見かけない気もしますが、なんだかんだ言って使いやすいと思います。

 

 

 

 

そして手提げ。

こちらはちょっとおしゃれな感じのする持ち方の位置に定着しそうな気がしています。

ぷらっとお出かけの時に。ぜひ。

 

 

普段使いのしやすい、

幅 47 cm, 縦 32 cm というサイズ感になっています。

縦長のものが多い中、横に広くてショルダーとしても使いやすい形な点もおすすめポイントです。

 

折り畳むとなかなか小さいサイズになってもくれますので、

旅行の時のサブバッグとしても使いやすいサイズ感になっています。

 

 

AS STANDARD x Mark Gonzales / “Gonz Angel” 2 way tote bag

 

 

昨シーズンから継続展開している、エンジェル柄のトートもございます。

インパクト大な一点のこちらも形と仕様は同じく作られています。

 

 

 

 

 

春から夏にかけてとてもおすすめの使いやすいアイテムになっています。

 

ほど良い価格にも設定されているので、

バッグをお探しの方はぜひ見て行ってもらえたら嬉しいです。

 

AS STANDARD x Mark Gonzales / “Gonz Border Stripe” 2 way Tote Bag

↑↑↑

 

AS STANDARD x Mark Gonzales / “Gonz Angel” 2 way tote bag

↑↑↑

 

それでは本日はこの辺で、失礼致します。

 

 

石黒

ADONUST MUSEUM

東京都渋谷区鶯谷町4-1 B1F

03-5428-2458

online store

share...Share on FacebookTweet about this on Twitter